エレキギターのチューニング方法について

エレキギターのチューニング方法について

エレキギターを練習する前には必ずチューニングをしましょう。チューニングとは、楽器の音の高さを合わせることをいいます。

 

チューニングは、チューナーや音叉などの専用の器具を用いて行います。音叉の音をじっくり聞きながらチューニングする方法が音感を養うためにもおすすめですが、初めはチューナーの方が正確で簡単にあわせられると思います。

 

チューナーを使用する場合、ギターの弦の開放弦を1つずつならしてチューナーの針が真ん中で止まるようにチューニングします。針が左側に傾いている時は音程が低い状態を示しますので、ペグを締めます。反対に針が右に傾いている時は音程が高い状態を示すので、ペグを緩めます。この時、あまりペグを回しすぎると弦が切れてしまうので注意してください。

 

チューニングは一番太い6弦から順に行いましょう。何度も調整しながら、すべての弦が真ん中に針が来るようにします。1本ずつきっちりチューニングするよりも、最初にざっと調整して、再度微調整するほうが合わせやすいと思います。