ギターシールドの選び方について

ギターシールドの選び方について

ギターシールドとは、アンプやチューナーなどの他の機材をギターとつなぐために必要なケーブルのことを言います。

 

シールドはギターやセットを買うと付いてくる事もありますが、あまり廉価なものだと断線しやすくノイズも拾いやすいです。シールドの価格は音質に比例しますし、丈夫で長持ちするのでしっかりしたものを購入することをおすすめします。

 

プラグ形状はストレートとL字型のもがあります。シールドは曲げたまま使うと負担が掛かって断線しやすくなります。L字型は若干価格が高くなりますが、アンプ側をL型にしておくと負担が少なくなるのでおすすめです。また、ギター側はストレートでも良いですが、ジャックが側面についているタイプのギターの場合はL型タイプの方が使いやすいようです。

 

最初のシールドは自宅での練習が主な用途だと思いますので、長さは3mくらいがおすすめです。価格はかなり幅がありますが、練習用なら3mで1500円くらいのものを目安に購入しましょう。ギターに上達して慣れてきたら、シールドもいいものにステップアップしていくと良いと思います。

ワイヤレスタイプのギターシールドについて

ギターシールドにはワイヤレスタイプのものがあります。よくライブなどで、シールドを着けずにギタリストが動き回っているのを見たことがありませんか?あれは、ワイヤレスのギターシールドを使用しているのです。

 

ワイヤレスの最大のメリットは、シールドが邪魔にならずに演奏のパフォーマンスの幅が広がることです。他のシールドに絡まったり、踏まれたりする事もありませんから、自由に動けるようになります。しかし、様々なデメリットもあります。

 

ワイヤレスのデメリットとして、よく言われるのが音の劣化です。聞き比べると確実に劣化していますが、賑やかなライブ会場などでは問題にならない程度だというのが定説のようです。しかし、音の劣化よりも深刻なデメリットは使う場所を選ぶことです。遮蔽物が多いような狭い空間だと音切れが起こったり、ノイズが出たりします。また、他の電波を利用する機器が使用されている場所では混線する事もありますから、ライブなどで利用する場合は事前の確認が必要なようです。